伊藤大輔が語った映画

f:id:jgjhgjf:20200721031614j:plain

「アルプス颪」より

全6項目

●代表作

「下郎の首」
「素浪人罷り通る」
「御誂次郎吉格子(大河内傳次郎 版)
「忠次旅日記(忠治旅日記)」
「斬人斬馬剣」
脚本座頭市地獄旅」
薄桜記
 
映画監督、脚本家等で活躍した伊藤大輔が語った・影響を受けた・好きだった映画。

「映画評論家 岸松雄の仕事」より15本+3監督

・4本+1監督
アルプス颪 エリッヒ・フォン・シュトロハイム…登山、夫婦、ロマンス、欲情、スリル
結婚行進曲 エリッヒ・フォン・シュトロハイム…軍人、ロマンス、欲情、犯罪
グリード エリッヒ・フォン・シュトロハイム…犯罪、結婚、狂気、砂漠での追跡。オリジナル版は全8時間。残ったスチール写真を使った4時間の再構成版もあり
パッション(マダム・デュバリー) エルンスト・ルビッチ…女性、歴史、群衆、裁判
セルゲイ・エイゼンシュテイン
 
「忠次旅日記」以降日本公開2本
サンライズ F.W.ムルナウ
暗黒街 ジョセフ・フォン・スタンンバーグ
 
「御誂次郎吉格子」以降日本公開11本
磯の源太 抱寝の長脇差 山中貞雄…の頃から山中作品は全部見たらしいです
予審 ロベルト・ジオドマーク(ロバート・シオドマク)
男の敵 ジョン・フォード
人生案内 ニコライ・エック
ルイス・マイルストン
ウィリアム・ワイラー
天井桟敷の人々 マルセル・カルネ他…ジャック・プレヴェール
殺人狂時代 チャールズ・チャップリン
陽のあたる場所 ジョージ・スティーヴンス
第三の男 キャロル・リード他…オーソン・ウェルズ/ロバート・クラスカー/アレクサンダー・コルダ/デヴィッド・O・セルズニック
 
※1932年版「薩摩飛脚」で伊藤が前篇「薩摩飛脚 東海篇」、山中は後篇「薩摩飛脚 剣光愛欲篇」を監督
 
西鶴一代女 溝口健二…溝口作品では虞美人草で潤色を手掛ける

加藤泰の編集「時代劇映画の詩と真実」で言及した主な映画30本+12監督

・20本+9監督+1俳優
エリッヒ・フォン・シュトロハイム…の映画。加藤との対談でシュトロハイムの名をあげる
イントレランス D.W.グリフィス…歴史スペクタクル、戦争、虐殺、不寛容。いわく『これこそ「映画」だな』と本当に思ったそうです
ラルー(鉄路の白薔薇) アベル・ガンス…戦争、レジスタンス。『機関車のピストンの音』が聞こえてくるような映画として
カリガリ博士 ローベルト・ヴィーネ(ローベルト・ウィーネ/ロベルト・ウイーネ)他…カール・マイヤー/フリッツ・ラング。犯罪、悪夢、恐怖
シルバー・フォークス(白銀の群れ) フランク・ロイド…冒険、漁業・釣り。「われ幻の魚を見たり」でリスペクト
ジークフリート(ジーグフリード) フリッツ・ラング「ニーベルンゲン」第一部。ファンタジー、冒険、アクション
クリームヒルトの復讐 フリッツ・ラング「ニーベルンゲン」第二部。ファンタジー、未亡人、復讐、壮絶な城攻め
フセヴォロド・プドフキン
新生 田中欽之…伊藤が脚本。ヘンリー・小谷(ヘンリー小谷)によるハーフ・トーン(ハーフトーン。明部と暗部の中間の調子・明度を具えたもの)の画調の美しさ・明るさのある作品だったそうです。フィルム行方不明
山へ帰る 牛原虚彦…脚本。フィルム行方不明
 
「白銀の群れ」の原題は「シルバー・ホード(The Silver Horde)」
 
女と海賊 野村芳亭…脚本。行方不明
尾上松之助…伊藤が小学生の頃のヒーローとして
立花貞二郎…一座の新劇派
パール・ホワイト…の連続活劇
エディ・ポーロ…上に同じ
海軍の演習…等を記録したフィルムをアセチレンガス、白地の衝立や屏風を使って上映していたそうです
ブルー・バード(ブルーバード)映画
伊太利物(イタリー)…イタリア映画の古典
パテー映画…フランスのパテ(パテー)社制の映画
英国(イギリス)…のアイルランド
 
香川良介…俳優。稲垣、伊丹、香川の3人を片岡千恵蔵に推薦
小津安二郎“おっちゃん”という愛称で呼ぶほどの仲
山中貞雄“シャドやん”。伊藤が挙げた「三人のサムライの一人」
白井戦太郎(白井戰太郎)「三人のサムライの一人」。広島で師団活動の記録映画制作を任されていた
田坂具隆“グリュウ。白井と共に制作にあたる
久保為義“久保為やん”「三人のサムライの一人」。伊藤が聞いたという敗戦間際の戦場における久保の最期について
山本薩夫…当時「続大岡政談 魔像解決篇」の撮影現場に来ていたという小学生。彼が成長した後も伊藤の推薦で松竹蒲田撮影所に入社
 
伊丹万作は一時期伊藤と暮らしを共にした仲。伊藤の下で修業を積む。
伊丹万作全集」の刊行も志賀直哉北川冬彦中野重治たちと共に行う
 
※白井戦太郎について、伊藤によれば白井が田坂の持病について伊藤に直接報告しに来たそうで、田坂と入れ替わる形で広島に行くことになっていたそうです。
この後、白井は帰らぬ人に…
 
「御誂次郎吉格子」以降11本+3監督
ロッコ  ジョーゼフ・フォン・スタンバーグ(ジョセフ・フォン・スタンバーグ)
ルーベン・マムーリアン…なめらかな画調の監督として
モダン・タイムス チャールズ・チャップリン
バスター・キートン…チャップリンやキートンたちの愛嬌について
人情紙風船 山中貞雄紙風船がドブに流れていく場面をあげ『やっぱりカットだなあ映画は』
小市丹兵衛(小市丹兵衛 追いつ追はれつの巻) 稲垣浩/伊丹万作…行方不明
国士無双(國士無双) 伊丹万作…20分現存
無法松の一生 稲垣浩/伊丹万作阪東妻三郎について『大丈夫(危なげがなく安心できるさま)な』、愛嬌のある俳優だったそうです
イワン雷帝 セルゲイ・エイゼンシュテイン
西原孝…映画論は一流以上の存在だったそうです。正し監督としてはダメダメだったとか
 
阪東妻三郎とは「王将」「素浪人罷通る」等で組む
 
蜂の巣の子供達(蜂の巣の子供たち) 清水宏
その後の蜂の巣の子供達(その後の蜂の巣の子供たち) 清水宏
戦艦ポチョムキン セルゲイ・エイゼンシュテイン…戦後日本初公開
 
清水宏とは内田吐夢「血槍富士」の際も小津安二郎溝口健二たちと共に内田の企画に協力
 
・舞台
ハムレット 坪内逍遥…ウィリアム・シェークスピヤ(ウィリアム・シェイクスピア)。伊藤大輔の叔父が異常な感銘を受けたそうで、そんな叔父だからこそ大輔の演劇方面への関心に理解を示したとか
 
・本9冊
大菩薩峠 中里介山…映画化を狙っていた作品の一つ。原作の舞台となった史跡等をめぐるロケーションも入念にしていたそうです
吉野葛 谷崎潤一郎…上に同じ
破戒 島崎藤村…〃
思ひ出 北原白秋「いそがしき活動写真」の部分を引用
大岡政談 鈴川源十郎の巻(新版大岡政談・鈴川源十郎の巻) 林不忘丹下左膳が登場する「新版大岡政談」の原作
すらんぐ 卑語 暉峻康隆…の「小股談義」を一部引用。本では「すらんぐ(卑語)」表記
マイクル・ギルバート(マイケル・ギルバート)…の推理小説に出てきた「グッドボディ」
色里三所世帯(好色兵揃) 井原西鶴「恋に網あり女川狩」の項目を引用
守貞漫稿(守貞謾稿) 喜田川守貞…に記載された北斎の絵の略図。「守貞謾稿(近世風俗志)」
 
※伊藤によると当時連載中の原作を映画化していた際、伊藤が「続大岡政談 魔像篇第一」「続大岡政談 魔像解決篇」で最後まで活躍させる予定だった人物を林の方でうっかり殺してしまったとか。
そこで林から『映画のほうで何とか助けていただけないでしょうか』という電話を撮影中に貰ったとか
 
・音楽2曲
バッキンガム宮殿衛兵の交替(バッキンガム宮殿の衛兵交代式)…の音楽
即興幻想曲(幻想即興曲) フレデリック・ショパン「生霊」で視覚的に現せないか挑戦したとか
 
・絵画3枚
紙本墨画 国定忠治像 田崎草雲…田崎が忠次を描いた絵
北斎図録北斎の絵をまとめたものらしいです
ヴォルガの船曳き イリヤ・レーピン…伊藤が言っていた「ボルガ・ボーマン」による曳舟の絵は調べても出てこず。恐らくイリヤ・レーピンによる農民たちの船曳きの様子を描いた「ヴォルガの船曳き」の可能性が。「斬人斬馬剣」にて農民が何十と鉱石を積んだ船を曳き、鞭で打たれる光景に繋がったそうです
 
・舞台
無宿人別帳 いびき 前進座松本清張「無宿人別帳」の舞台化
 
 
・その他人物3名
小山内薫…演出家、劇作家、演劇評論家、詩人、小説家。伊藤の師の一人
近藤勇新選組局長。「興亡新選組をはじめ、「忠治旅日記」で忠次が落ちていく様も近藤勇のヴァリエイション(ヴァリエーション。変化・変動、 一つの主題をさまざまに変化させる)』として意識
升田幸三阪妻「王将」の参考に名人戦を見に行った際、復員兵姿で見学していた彼を気に入り将棋指導を依頼したそうです

●佐伯知紀の編伊藤大輔―反逆のパッション、時代劇のモダニズム! (映画読本)」より2本

暗黒街 ジョセフ・フォン・スタンバーグ…における黒齣(くろごま。黒一色のカット、画面)の最も成功した・最も典型的な使用法を見せつけられ『流石は!』と頭を下げたとか
赤西蛎太(赤西蠣太) 伊丹万作…有効適切な成果を挙げた猫の使い方として

「INTERVIEW映画の青春」より1本

女と海賊 野村芳亭
 
・映画評論家
東健而(森田みね子/森田三祢子)…作家、翻訳家 等で活躍。かなりの影響を受けたそうです

淀川長治蓮實重彦山田宏一「映画となると話はどこからでも始まる」より2本

愚なる妻 エリッヒ・フォン・シュトロハイム…淀川によると、伊藤が「愚なる妻」のカットされた・存在しないはずの部分まで熱っぽく語っていたそうです
駅馬車 ジョン・フォード

座頭市シリーズ関連
勝新太郎…シリーズ主演。勝は伊藤「弁天小僧」等に出演
三隅研次座頭市物語等。伊藤は「地獄旅」の脚本
犬塚稔座頭市物語をはじめ多くの作品で脚本
森一生「続・座頭市物語。伊藤は薄桜記の脚本も
新藤兼人座頭市海を渡る」等の脚本。伊藤は新藤「ある映画監督の生涯 溝口健二の記録」に出演
岡本喜八座頭市と用心棒」
山本薩夫座頭市牢破り」
勅使河原宏…TVドラマ「新・座頭市第3シリーズ25・26話

●その他関連
マキノ正博…と久保為義が伊藤から貰った「忠次旅日記」の脚本で「忠治活殺剱(忠治活殺剣)」を監督
山中貞雄…1932年版「薩摩飛脚」で伊藤が前半、山中が後半を監督
稲垣浩「東海水滸伝共同監督
衣笠貞之助…の雪之丞変化で脚本
加藤泰「素浪人罷り通る」等で助手(加藤泰通」名義)
佐藤勝「幕末」等の音楽
内田吐夢…の「血槍富士」の企画に清水宏溝口健二小津安二郎たちと共に協力
溝口健二…の虞美人草で潤色
伊丹万作…伊藤、尾崎純と共に忠臣蔵 刀傷篇 復讐篇」共同監督
志賀直哉伊丹万作全集」刊行に協力