大林宣彦のオールタイムベスト➃

「野菊の如き君なりき」より

4項目

「いつか見た映画館(下)」より168本

駅場車(駅馬車) ジョン・フォード
走り来る人々 ヴィンセント・ミネリ
軽蔑 ジャン=リュック・ゴダール/フリッツ・ラング
野菊の如き君なりき 木下恵介
七人の無頼漢 バッド・ベティカー/バート・ケネディ/ジョン・ウェイン
ウィンチェスター銃'73 アンソニー・マン
拳銃王(ガンファイター) ヘンリー・キング/アンドレ・ド・トス
フォーサイト家の女 コンプトン・ベネット時をかける少女でクライマックスを意識
 
※大林は羅生門が世界で初めて太陽にキャメラを向けたと語っていましたが、それに先駆けてエリッヒ・フォン・シュトロハイム「結婚行進曲」が太陽をキャメラで捉えています(フィルムは溶けていました)
 
ラスト・シューティスト ドン・シーゲル
ビリー・ザ・キッド-21歳の生涯 サム・ペキンパー
墓石と決闘 ジョン・スタージェス
雨の朝巴里に死す リチャード・ブルックス
マルクスの二挺拳銃 エドワード・バゼル/マルクス兄弟/バスター・キートン(アイデア提供)
独裁者 チャールズ・チャップリン
小鹿物語 クラレンス・ブラウン
馬上の二人 ジョン・フォード
怒りの葡萄 ジョン・フォード
わが谷は緑なりき ジョン・フォード
 
掠奪の町 ジョージ・マーシャル
許されざる者 ジョン・ヒューストン
愛馬トリッガー フランク・マクドナルド/ロイ・ロジャース
誇り高き男 ロバート・D・ウェッブ
100万ドルの決斗(100万ドルの血斗) ジョージ・シャーマン
キャット・バルー エリオット・シルヴァースタイン
エスタン(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウエスト) セルジオ・レオーネ
殺しが静かにやって来る セルジオ・コルブッチ
ロイ・ビーン ジョン・ヒューストン
大いなる西部 ウィリアム・ワイラー
 
明日に向って撃て! ジョージ・ロイ・ヒル
マルクス捕物帖 アーチー・メイヨ/マルクス兄弟
凸凹西部の巻 チャールズ・バートン/バッド・アボット/ルー・コステロ…アボット&コステロ
イージー・ライダー デニス・ホッパー/ピーター・フォンダ/ジャック・ニコルソン
毒薬と老嬢 フランク・キャプラ
東京暮色 小津安二郎
絶海の嵐 セシル・B・デミル
飾窓の女 フリッツ・ラング
花嫁の父 ヴィンセント・ミネリ
ゼンダ城の虜 ジョン・クロムウェル
 
若草の頃 ヴィンセント・ミネリ
牛泥棒(オックス・ボウ・インシデント) ウィリアム・A・ウェルマン
イヴの総て ジョセフ・L・マンキーウィッツ
いちごブロンド ラオール・ウォルシュ
壮烈第七騎兵隊 ラオール・ウォルシュ/ドン・シーゲル
アイアン・ホース ジョン・フォード
頭上の敵機 ヘンリー・キング
 
ゴッドファーザー フランシス・フォード・コッポラ
オーケストラの少女 ヘンリー・コスター
踊る海賊 ヴィンセント・ミネリ
慕情 ヘンリー・キング
マン・ハント フリッツ・ラング
ミズーリ横断 ウィリアム・A・ウェルマン
スプリングフィールド銃 アンドレ・ド・トス
 
百万両秘聞(百萬両秘聞) 牧野省三(マキノ省三)
御誂治郎吉格子(鼠小僧速花あらし) 伊藤大輔
バグダッドの盗賊 ラオール・ウォルシュ
失はれた地平線 フランク・キャプラ
無頼の谷 フリッツ・ラング
廃墟の群盗 ウィリアム・A・ウェルマン
マクリントック アンドリュー・V・マクラグレン
突撃 スタンリー・キューブリック
荒野のガンマン サム・ペキンパー
アルバレス・ケリー エドワード・ドミトリク
 
夜の河 吉村公三郎
開戦の前夜 吉村公三郎
腰抜け二挺拳銃 ノーマン・Z・マクロード
腰抜け二挺拳銃の息子 フランク・タシュリン
リリー チャールズ・ウォルタース
ボヴァリー夫人 ヴィンセント・ミネリ
ハリウッド玉手箱 デルマー・デイヴィス
ハスラー ロバート・ロッセン
コルドラへの道 ロバート・ロッセン
 
北西騎馬警官隊 セシル・B・デミル
十戒 セシル・B・デミル…セオドア・ロバーツ
カーネギー・ホール エドガー・G・ウルマー
デュバリィは貴婦人 ルイ・デル・ルース
大襲撃 カート・ニューマン/オーディ・マーフィー
わが心に歌えば ウォルター・ラング
プロフェッショナル リチャード・ブルックス
愛情の花咲く樹 エドワード・ドミトリク
春の序曲 フランク・ボーゼージフランク・ボーゼージ(フランク・ボーゼイギ/フランク・ボザージ)
 
黒船 ジョン・ヒューストン
ショウほど素敵な商売はない ウォルター・ラング
ミニヴァー夫人 ウィリアム・ワイラー
生きものの記録 黒澤明
汚れた顔の天使 マイケル・カーティス
拳銃無宿(エンジェル・アンド・ザ・バッドマン) ジェームズ・エドワード・グラント/ジョン・ウェイン「真昼の決闘」に先駆けた要素を持った西部劇
ヴァジニアの血闘 マイケル・カーティス
コロラド ヘンリー・レヴィン
嵐の青春 サム・ウッド
 
※ちなみに「地獄への道」の続編となるフリッツ・ラング「地獄への逆襲」にてヘンリー・フォンダが拳銃をホルスターに入れたまま引き金を引き銃撃するというオーディ・マーフィーのガンプレイに先駆けたアクションを披露
 
※ここまで100本
・101本目
サン・アントニオ デイヴィッド・バトラー/ラオール・ウォルシュ
怒りの夜明け ティム・ウィーラン
アリゲニー高原の暴動(アリゲニーの反乱) ウィリアム・A・サイター
ネバダ決死隊 ロイ・ハギンス
テキサス群盗団 レスリー・セラン
サンタフェ アーヴィング・ピシェル
八月の鯨 リンゼイ・アンダーソン
八月十五夜の茶屋 ダニエル・マン
ベーブ・ルース物語 ロイ・デル・ルース
偽将軍 ジョージ・マーシャル
 
街の灯 チャールズ・チャップリン
ニーベルンゲン フリッツ・ラング
夜ごとの夢 成瀬巳喜男
肉体と悪魔 クラレンス・ブラウン
宇宙旅行(宇宙飛行) ヴァシリー・ジュラヴリョフ 
松之助の忠臣蔵 牧野省三(マキノ省三)/尾上松之助尾上松之助が出演した忠臣蔵ものを一本にまとめ再編集した作品
坂本龍馬 村正義郎
鞍馬天狗 山口哲平/嵐寛十郎(アラカン)
セブン・チャンス バスター・キートン
 
三悪人 ジョン・フォード
和製喧嘩友達 小津安二郎
ベン・ハー フレッド・ニブロ/ウィリアム・ワイラー
真空地帯 山本薩夫
トコリの橋 マーク・ロブソン(マーク・ロブスン)
雲ながるる果てに 家城己代治
河 あの裏切りが重く 森弘太
心の旅路 マーヴィン・ルロイ
 
空の要塞 ミッチェル・ライゼン
ラインの監視 ハーマン・シュムリン/ラインの監視/リリアン・ヘルマン
加藤隼人戦闘隊 山本嘉次郎/円谷英二/三村明
G.I.ジョー(G.I.ジョウ) ウィリアム・A・ウェルマン
愛する時と死する時 ダグラス・サーク
大脱走 ジョン・スタージェス
ナヴァロンの要塞 J・リー・トンプソン
野火 市川崑
日本のいちばん長い日 岡本喜八
 
肉弾 岡本喜八
独立愚連隊 岡本喜八
陸軍残虐物語 佐藤純彌
きけわだつみの声 出目昌伸
氷雪の門(樺太1945年夏 氷雪の門) 村山三男
プラトーン オリバー・ストーン
エディ・フォイ物語 メルヴィル・シェイヴルソン
暴力行為 フレッド・ジンネマン
月光の女 ウィリアム・ワイラー
 
運命の饗宴 ジュリアン・デュヴィヴィエ
舞踏会の手帖 ジュリアン・デュヴィヴィエ
王将 伊藤大輔
唄くらべ青春三銃士 斎藤寅次郎
月の出の決闘 丸根賛太郎
桜の國(櫻の國) 澁谷実
風の又三郎 島耕二
次郎物語 島耕二
二人の瞳 仲木繁夫
長崎の歌は忘れじ 田坂具隆
 
伊豆の娘たち 五所平之助
維新の曲 牛原虚彦
そよかぜ 佐々木康
帰郷 大庭秀雄
陸軍 木下恵介
リンゴ園の少女 島耕二
ベン・ハー ウィリアム・ワイラー

その他衛星劇場大林宣彦のいつか見た映画館. ~サイレント映画の愉しみ~」で放映された37本+α

アッシャー家の末裔 ジャン・エプスタン/ルイス・ブニュエル
幌馬車 ジェームズ・クルーズ
モヒカン族の最後 ジョージ・B・サイツ/モーリス・トゥールヌール(モーリス・ターナー)
チート セシル・B・デミル
第七天国 フランク・ボーゼイジ
小雀峠 沼田紅緑
実録忠臣蔵(忠魂義烈 実録忠臣蔵) マキノ省三/マキノ正博(雅弘)
港の日本娘 清水浩
限りなき舗道 成瀬巳喜男
怒苦呂 白井戦太郎(白井戰太郎)
 
鯉名の銀平野 雪の渡り鳥 宮田十三一
番場の忠太郎 瞼の母 稲垣浩
与太者と縁談 野村浩将
路上の霊魂 村田実
逆流 二川文太郎/阪東妻三郎/寿々喜多呂九平
銀色夜叉 佐々木恒次郎(佐々木啓祐)
結婚哲学 エルンスト・ルビッチ
紐育の波止場 ジョセフ・フォン・スタンバーグ
人気者 フレッド・C・メイヤー(フレッド・ニューメイヤー)/サム・テイラー/ハロルド・ロイド
極北のナヌーク(北極の怪異) ロバート・J・フラハティ(ロバート・フラハティ)
 
暗黒街 ジョセフ・フォン・スタンバーグ
ロスト・ワールド ハリー・O・ーホワイト/ウィリス・オブライエン
蒸気船 チャールズ・F・ライスナー/バスター・キートン
リエータ ヤーコブ・プロタザーノフ
奇傑ゾロ フレッド・ニブロ
金色夜叉 野村芳亭
特急三百里 三枝源次郎
不壊の真珠 清水浩
刺青判官 冬島泰三
国土無双 伊丹万作
 
喜劇 汗 内田吐夢
ピーターパン ハーバート・ブレノン
ポーリンの危機 ルイス・J・ガスニエ/パール・ホワイト
ダグラスの海賊 アルバート・パーカー
砂絵呪縛 金森万象
進軍 牛原虚彦
江戸怪賊傳 影法師(江戸怪賊伝 影法師) 二川文太郎/牧野省三(マキノ省三)/寿々喜多呂九平
 
・映画評論家
アンドレ・バザン…バッド・ベティカー「七人の無頼漢」に対する評価について
 
・漫画
ナスビ女王 手塚治虫
アトムの初恋 手塚治虫
 
・小説
みずうみ テオドール・シュトルム