アキ・カウリスマキのオールタイムベスト①

f:id:jgjhgjf:20190801025150j:plain

肉体の冠より

全9項目

●代表作

「真夜中の虹」
「浮き雲」
「コンタクト・キラー」
 
映画監督、CM制作等で活躍するアキ・カウリスマキが影響を受けた・好きな映画。
※2019年8月1日追記:作成

「THE CRITERION COLLECTION」「Aki Kaurismäki’s Top 10」より29本

肉体の冠 ジャック・ベッケルフィルム・ノワール、恋愛、ギャング、犯罪
バルタザールどこへ行く ロベール・ブレッソン…少女、動物、欲望、死
東京物語 小津安二郎ロードムービー、老後、ユーモア、家族。小津についてはドキュメンタリー「小津と語る Talking With OZU」にも出演してコメント
晩春 小津安二郎…家族、劇中劇、本音、結婚、旅行、ドラマ
秋刀魚の味 小津安二郎…日常、ユーモア
生きる 黒澤明…老後、公務員、ドラマ
赤ひげ 黒澤明…時代劇、医療、ドラマ
風に記されて(風と共に散る) ダグラス・サーク…恋愛、犯罪
不安は魂を食いつくす(不安と魂) ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー…移民、人種、ドラマ、年齢を超えた恋愛
アメリカの影 ジョン・カサヴェテス…兄妹、人種問題、ドキュメンタリー・タッチ

フェイシズ ジョン・カサヴェテス
こわれゆく女 ジョン・カサヴェテス
チャイニーズ・ブッキーを殺した男 ジョン・カサヴェテス
オープニング・ナイト ジョン・カサヴェテス
ニースについて ジャン・ヴィゴ
新学期・操行ゼロ ジャン・ヴィゴ…青春、学校
アタラント号 ジャン・ヴィゴ…船のロード・ムービー、恋愛、ユーモア
極北のナヌーク(北極の怪異) ロバート・フラハティ(ロバート・J・フラハティ)…ドキュメンタリー、狩猟、アクション
潜水艦轟沈す マイケル・パウエル/エメリック・プレスバーガー
スモール・バック・ルーム マイケル・パウエル/エメリック・プレスバーガー

影の軍隊 ジャン=ピエール・メルヴィル
ギャング(第二の風) ジャン=ピエール・メルヴィル
霧の波止場 マルセル・カルネ/ジャック・プレヴェール
自転車泥棒 ヴィットリオ・デ・シーカ…戦後、親子、犯罪、捜索
狩人の夜 チャールズ・ロートン/ジェイムズ・エイジー
最後の切り札(地獄の英雄) ビリー・ワイルダー/チャールズ・ラング
砂漠のシモン ルイス・ブニュエル
ジミ・ヘン&オーティス ライブ・アット・モンターレ D.A.ペネベイカー
スパイナル・タップ ロブ・ライナー/クリストファー・ゲスト

「Sight and Sound」「映画監督が選ぶオールタイム・ベスト 2002(Sight & Sound Top Ten Poll 2002 All directors who voted The directors who voted in top ten poll were)」より10本

黄金時代 ルイス・ブニュエル…犯罪、狂気、情欲、移動、宗教への喧嘩上等なdisり
アタラント号 ジャン・ヴィゴ
バルタザールどこへ行く ロベール・ブレッソン
散り行く花 D.W.グリフィス…恋愛、父娘、虐待、犯罪、恐怖
肉体の冠 ジャック・ベッケル
グリード エリッヒ・フォン・シュトロハイム…犯罪、狂気、結婚、砂漠における追跡
ぼくの伯父さんの休暇 ジャック・タチ…コメディ、パントマイム、自転車の疾走
極北のナヌーク(北極の怪異) ロバート・フラハティ
無防備都市 ロベルト・ロッセリーニ/フェデリコ・フェリーニ…戦時下、恐怖、レジスタンス

「Sight&Sound」「映画監督が選ぶオールタイム・ベスト 2012(The Greatest Films of All Time 2012 / All voters)」より10本

黄金時代
アタラント号
自転車泥棒 ヴィットリオ・デ・シーカ
素晴らしき放浪者 ジャン・ルノワールスクリューボール・コメディ、都市の生々しい空気、河へのダイブ、愛欲
黄金狂時代 チャールズ・チャップリン…コメディ、飢えの恐怖、恋愛
ぼくの伯父さん ジャック・タチ…コメディ、自転車による移動
北極のナヌーク(極北の怪異)
サンライズ F.W.ムルナウ…恋愛、幻想的、移動、ユーモア
東京物語
Z(ゼータ) コスタ=ガヴラス…スリラー、殺人

●2006年のロカルノ国際映画祭(Locarno Film Festival)」におけるカウリスマキの回顧展・特集で上映されたカルト・ブランシュ(白紙委任状)より21本

「21 films chosen by Aki as his all-time favourite movies and shown at Locarno」
ペーター・フォン・バックがインタビューを行った「RETROSPETTIVA 2006: AKI KAURISMAKI」も同年出版
 
天国への階段 マイケル・パウエル/エメリック・プレスバーガー
赤ひげ
アンジェール(Angèle) マルセル・パニョル
不安は魂を食いつくす(不安と魂)
バルタザールどこへ行く

カイロ中央駅(باب الحديد) ユーセフ・シャヒーン
にがい勝利 ニコラス・レイ
散り行く花
戦艦ポチョムキン セルゲイ・エイゼンシュテイン
肉体の冠
 
糧なき土地 ルイス・ブニュエル
ロゼッタ ダルデンヌ兄弟…リュック・ダルデンヌ/ジャン=ピエール・ダルデンヌ
ストレンジャー・ザン・パラダイス ジム・ジャームッシュ…ジャームッシュはレニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカに出演

サンライズ
カメラマン エドワード・セジウィック/バスター・キートン
運命のビール クライド・ブラックマン/W.C.フィールズ「the fatal glass of beer」
罠 ロバート・ワイズ
東京物語
ウンベルト・D ヴィットリオ・デ・シーカ
風に記されて(風と共に散る)
 
新学期・操行ゼロ

「sight&sound」「映画監督が選ぶオールタイム・ベスト(1992 Sight and Sound Poll The Directors' Top Ten Movie Choices)」より10本

東京物語 小津安二郎
肉体の冠 ジャック・ベッケル
黒い罠 オーソン・ウェルズ(オースン・ウェルズ)
審判 オーソン・ウェルズ(オースン・ウェルズ)
ガートルード(ゲアトルーズ/ゲアトルード) カール・テオドア・ドライヤー(カール・Th・ドライヤー)
シラノ・ド・ベルジュラック マイケル・ゴードン
幻影は市電に乗って旅をする ルイス・ブニュエル
極北の怪異(極北のナヌーク) ロバート・フラハティ(ロバート・J・フラハティ)
はなればなれに ジャン=リュック・ゴダール…及びその他のゴダール作品
モンタレー・ポップ(モンタレー・ポップ フェスティバル'67) D.A.ペネベイカー他…ジミー・ヘンドリックス。「Monterey Pop」
 
白いトナカイ エーリック・ブロンベリ「Valkoinen peura」。エーリック・ブロンベリ(エリック・ブロンベルグ/エリック・ブロムベルイ/Erik Blomberg)

●鈴木布美子「映画の密談―11人のシネアストに聞く (リュミエール叢書 (18)」より9本+4監督

肉体の冠カウリスマキにとって「東京物語」に並ぶ最高の映画として
アルファヴィル ジャン=リュック・ゴダールカウリスマキの製作会社「ヴィルアルファ(ヴィレアルファ)」は今作にちなむ
ゲルトルード(ガートルード/ゲアトルーズ) カール・テホ・ドライヤー(カール・テオドア・ドライヤー)「コンタクト・キラー」で意識
カサブランカ マイケル・カーティス…実在するカサブランカの街もこの映画のような感じだと信じたいそうです
ハワード・ホークス…子供の頃から大好きだとか
ロベール・ブレッソン
 
カウリスマキの話によると、低予算で映画を撮ってき彼にとって「コンタクト・キラー」は初めて壁にペンキを塗れる映画だったとか
 
・パリを舞台にした作品
死なんて問題じゃない クレール・ドニ
勝手にしやがれ ジャン=リュック・ゴダール
女と男のいる舗道 ジャン=リュック・ゴダール
大人は判ってくれない フランソワ・トリュフォー
マルセル・カルネ
ジャック・ベッケル

●その他4本+2監督

グロリア ジョン・カサヴェテス「カラマリ・ユニオン」でポスター
ペェター・セルギー ヤーコフ・プロタザノフ/アレクサンドル・ヴォルコフ「カラマリ・ユニオン」で引用
工場の出口 ルイ・リュミエール「鋳造所(オムニバス「それぞれのシネマ」)」で引用
善玉・悪漢・無頼漢(続・夕陽のガンマン) セルジオ・レオーネ「パラダイスの夕暮れ」でポスター
サミュエル・フラー「ラヴィ・ド・ボエーム」に出演
ルイ・マル…上に同じ

」へ

●関連記事

ペーター・フォン・バック「コンタクト・キラー」原案

ミカ・カウリスマキ罪と罰等の製作。兄

ジム・ジャームッシュ

ルイ・マル

サミュエル・フラー


●オムニバスポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区」参加者
ペドロ・コスタ「スウィート・エクソシスト
ビクトル・エリセ「割れたガラス」
マノエル・ド・オリヴェイラ「征服者、征服さる」