コメディ&恋愛映画②ベスト-クリエイターが影響を受けた映画:工事中


27本
草の上の昼食 ジャン・ルノワール
科学、ピクニック、狂騒
ノエミ・ルヴォウスキー、リュック・ムレ

プリティ・イン・ピンク ハワード・ドゥイッチ他
ジョン・ヒューズ。青春
三木孝浩、ゾーヤー・アクタル
ダファー兄弟、ロス・カッツ
高口里純、小沢真理

すてきな片想い(シックスティーン・キャンドルズ) ジョン・ヒューズ
クリストファー・ランドン、キルステン・スミス、
ジェシカ・ベンディンガー、・三木、

サイドウェイ アレクサンダー・ペイン
ピーター・ファレリー、足立紳
香川照之、クリストファー・ボーグリ、
沢木耕太郎室井大資

パーティ ブレイク・エドワーズ
・三谷、・スコセッシ、ティエリー・レルミット

我が家の楽園 フランク・キャプラ
家族
マーティン・スコセッシ、J・J・エイブラムス、

巴里祭 ルネ・クレール
音楽
川島雄三、・中古、市川森一、村井博
深田晃司・則文
◆幕間 クレール
ユーモア、実験的演出、狂騒、群衆

七年目の浮気 ビリー・ワイルダー
不倫
色川武大、高口里純

結婚哲学 エルンスト・ルビッチ
夫婦、性の暗示
根岸吉太郎佐々木亜希子、

ブライズメイズ ポール・フェイグ
結婚
キルステン・スミス、デミ・ムーア
ジョン・ランディスルーカス・ムーディソン

アーティスト ミシェル・アザナヴィシウス
エ・ライト、ジョン・カサー
ローラ・ベナンティ、三谷幸喜

ティファニーで朝食を ブレイク・エドワーズ
マフィア、麻薬
クロエ・グレース・モレッツ、アラン・アーカッシュ

走り来る人々 ヴィンセント・ミネリ
コメディなのか恋愛なのか犯罪なのかジャンル分け不可能
バリー・レヴィンソン、大林宣彦

ノッティングヒルの恋人 ロジャー・ミッシェル
リチャード・カーティス。書店主と女優、スキャンダル、身分を超えた想い
キルステン・スミス、アダム・ゴールドバーグ
マーク・ニールセン、アルノー・デプレシャン
斎藤由紀、SABU(サブ)

ブロードキャスト・ニュース ジェームズ・L・ブルックス
グレゴリー・ニコテロ、キルステン・スミス、
アライン・ブロッシュ・マッケンナ、クメイル・ナンジアニ
ジーナ・プリンス=バイスウッド、ピーター・コズミンスキー
ニコラス・ストーラージェニファー・トッド、

ザ・エージェント(ジェリー・マグワイア) キャメロン・クロウ
名越稔洋モーガン・ネヴィル
ポール・ワーニック、キルステン・スミス
・他
◆セイ・エニシング

いつも2人で スタンリー・ドーネン
時系列シャッフル
リュック・ムレ、・ダグラス
・他
悪いことしましョ! ドーネン
ファンタジー

オペラハット(ディーズ氏都に行く) フランク・キャプラ

昼下りの情事(昼下りの恋) ビリー・ワイルダー
探偵
フアン・ホセ・カンパネラ、シャロン・ストーン

ムーンライズ・キングダム ウェス・アンダーソン
少年少女、駆け落ち
エマ・ストーン、ジョン・カサー
キルステン・スミス、・内山
ルーク・ニューベリー、・リンゼイ=ホッグ
オリヴィエ・アサイヤス、●

イタリア式離婚狂想曲 ピエトロ・ジェルミ
風刺
マイク・リーセルゲイ・ボドロフ
ジー・メンツェル、テレンス・マリック

ウィンダミア夫人の扇 エルンスト・ルビッチ
社交界、心理描写

幸福の設計(アントワーヌとアントワネット) ジャック・ベッケル
下町・労働者
ロベール・ゲディギャン、ブリュノ・ポダリデス、
リンゼイ・アンダーソン、ベルトラン・タヴェルニエ、
筒井武文、ジョルジュ・サドゥール、
・、黒田硫黄

月の輝く夜に(ムーンストラック) ノーマン・ジュイソン
山田太一、ケヴィン・エッテン、
ダン・レヴィ、鎌田敏夫、、
篠田正浩、・、

髪結いの亭主 パトリス・ルコント
ピーター・ラムジー山田洋次
大友啓史、山田太一
ピーター・チェルソム、永田琴(永田琴恵)
仙元誠三、ジャコ・ヴァン・ドルマ
沢木耕太郎、●

恋愛小説家(アス・グッド・アス・イット・ゲッツ) ジェームズ・L・ブルックス
作家
木下麦、岡田惠和
池頼広、デヴォン・サワ
デヴィッド・マギー、高橋留美
斎藤ひろし、上田慎一郎
ルル・ワン、・