エリア・カザンのオールタイムベスト

f:id:jgjhgjf:20200112000449j:plain

「航空都市(空中都市)」より

全4項目

●代表作

「群衆の中の一つの顔」
「波止場」
 
舞台演出家、映画監督等で活躍したエリア・カザンが影響を受けた・好きだった映画。

「sight&sound」「映画監督が選ぶオールタイム・ベスト 1952(Filmmakers 10 Best films lists from 1952 as published in Sight and Sound)」より12本

戦艦ポチョムキン セルゲイ・エイゼンシュテイン…戦争、革命・虐殺、アクション
航空都市(空中都市) アレクサンドル・ドヴジェンコ(オレクサンドル・ドヴジェンコ)…軍事拠点、様々な人種・住民、スパイ、航空機
黄金狂時代 チャールズ・チャップリン…コメディ、飢えの恐怖、アクション
肉体と悪魔 クラレンス・ブラウン…恋愛、士官、決闘
無防備都市 ロベルト・ロッセリーニ/フェデリコ・フェリーニ…戦時下、レジスタンス、家族、恐怖
自転車泥棒 ヴィットリオ・デ・シーカ…戦後、父子、犯罪
担え銃 チャールズ・チャップリン…戦争・塹壕、コメディ、冒険
ターゲット・フォア・ナイト(Target for Tonight) ハリー・ワット…ドキュメンタリー、戦争、航空機
パン屋の女(La Femme de boulanger) マルセル・パニョル…コメディ、夫婦、神の存在
マリウス アレクサンダー・コルダ/マルセル・パニョル…コメディ、ロマンス、港町の人々
 
ファニー(Fanny) マルク・アレグレ/マルセル・パニョル…恋愛、ユーモア、航海
セザール(Cesar) マルセル・パニョル…ロマンス、家族、結婚。「マリウス」からはじまる三本をまとめた「ファニー三部作(The Fanny trilogy)」

エリア・カザン自伝」上・下で語った主な8本

航空都市(空中都市)
聖ペテルブルクの最後 フセヴォロド・プドフキン
黄金 ジョン・ヒューストン…ウォルター・ヒューストンの名演
生きる 黒澤明志村喬
男の敵 ジャック・フォード(ジョン・フォード)赤狩りが猛威を振るっている時期に脳裏に浮かんだ作品として
レイジング・ブル マーティン・スコセッシ/ポール・シュレイダーエデンの東以降。ロバート・デ・ニーロはラスト・タイクーンに出演
 
赤狩り運動当時、セシル・B・デミルに真っ向から意を唱えたジャック・フォード(ジョン・フォード)、彼に続いたジョージ・スティーヴンス、フリッツ・ラング、ウィリアム・ワイラーたちの姿を立派に思ったそうです
 
・舞台
セールスマンの死…リー・コッブ(リー・J・コッブ)

マルグリット・デュラス「緑の眼」における対談より2本

パンドラの箱 G.W.パプスト/ルイーズ・ブルックス…妻のバーバラ・ローデンが演りたがっていた題材として
移民者たち ヤン・トロエルスウェーデンの移民を題材にしたトロエル作品。カザン的には「ロマンティックすぎる」とのこと