ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーが影響を受けた映画

狩人の夜より

全4項目

●代表作

不安は魂を食いつくす(不安と魂)
 
映画監督として活躍したライナー・ヴェルナー・ファスビンダーが影響を受けた・好きだった映画のまとめ。

tiff「All That Heaven Allows: Fassbinder's Favourite Films」より16本

キッスで殺せ ロバート・アルドリッチフィルム・ノワール、探偵、悪女
白熱 ラオール・ウォルシュフィルム・ノワール、犯罪アクション、ギャング、悪女
地獄に堕ちた勇者ども ルキノ・ヴィスコンティ…戦時下、貴族、近親相姦
定職(就職) エルマンノ・オルミ…恋愛、就職活動、ドキュメンタリー・タッチ
ポケットの中の握り拳 マルコ・ベロッキオ…家族、犯罪
断崖 アルフレッド・ヒッチコック…スリラー、狂気、恋愛
嘆きの天使 ジョセフ・フォン・スタンバーグ…恋愛、教師、踊り子
天はすべて許し給う ダグラス・サーク…恋愛、学生。エデンより彼方にの原点
狩人の夜 チャールズ・ロートン/ジェームズ・エイジー(ジェームズ・アギー)フィルム・ノワール、恐怖、殺人鬼
黒い罠 オーソン・ウェルズフィルム・ノワール、性犯罪、汚職警官
 
風に記されて(風と共に散る) ダグラス・サーク…恋愛、犯罪
イヴの総て ジョセフ・L・マンキーウィッツ…バック・ステージ、女優
赤ちゃん教育 ハワード・ホークススクリューボール・コメディ、パワフルな女性
サイコ アルフレッド・ヒッチコック…サイコ・スリラー、猟奇殺人
鳥 アルフレッド・ヒッチコック…パニック、SF、恐怖
たぶん悪魔が ロベール・ブレッソン…恋愛、若者たちの苦しみ、世情

ファスビンダーへのインタビューをまとめた「The Anarchy of the Imagination: Interviews, Essays, Notes – Rainer Werner Fassbinder (1992) edited by Michael Toteberg and Leo A. Lensing」より10本

地獄に堕ちた勇者ども ルキノ・ヴィスコンティ
間諜X27 ジョセフ・フォン・スタンバーグ…スパイ、スリラー、戦争、脚線美、愛
美しさ故に マイケル・カーティス/テッド・マッコードフィルム・ノワール、恋愛
紳士は金髪がお好き ハワード・ホークス…ミュージカル、コメディ
大砂塵 ニコラス・レイ…西部劇、愛、女同士の決闘
歴史は女で作られる マックス・オフュルス…歴史、伝記、サーカス、情事
裸者と死者 ラオール・ウォルシュ…戦争、孤島、情事、異文明との衝突
狩人の夜 チャールズ・ロートン/ジェームズ・エイジー
赤いカリーナ(Калина красная) ワシーリー・シュクシン(ヴァシーリー・シュクシーン)…田舎、犯罪、愛情
ソドムの市 ピエル・パオロ・パゾリーニ…戦時下、猟奇的、スカトロ、カオス

●その他3本

南部の反逆者 ラオール・ウォルシュ南北戦争奴隷解放運動。西部劇「ホワイティ」のインスピレーション元
春なき二萬年 マイケル・カーティス…恋愛、監獄、警察、密室
獅子座 エリック・ロメール/クロード・シャブロル/ポール・ジェゴフ/ジャン=リュック・ゴダール…遺産相続問題、放浪、乞食、大道芸。「都会の放浪者」ファスビンダー「獅子座」