アブデラマン・シサコが影響を受けた映画

f:id:jgjhgjf:20200625012045j:plain

冒険者の帰還(Le Retour d’un aventurier)」より

全5項目

●代表作

「禁じられた歌声(ティンブクトゥ)」
バマコ(Bamako)」
 
映画監督、脚本家、プロデューサー、俳優等で活躍するアブデラマン・シサコが影響を受けた・好きな映画。

「FCAT-Córdoba(Cordoba African Film Festival 2012)」「Abderrahmane Sissako’s Little Film Library」で選んだ5本

不安は魂を食いつくす ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー…移民、人種・年齢を超えた恋愛
僕の村は戦場だった アンドレイ・タルコフスキ…少年、戦争、復讐
キッド チャールズ・チャップリン…子供、血の繋がりを超えた父子・家族、アクション
冒険者の帰還 ムスタファ・アラサン…村、西部劇風のコスチューム・プレイ、アクション。「Le Retour d’un aventurier」。ムスタファ・アラサン(Moustapha Alassane)
風来坊 花と夕陽とライフルと…(花と夕日とライフルと) エンツォ・バルボーニ(E.B.クラッチャー)…西部劇、コメディ、犯罪アクション
 
「風来坊 花と夕陽とライフルと…(花と夕日とライフルと)」の原題は「彼等は彼をトリニティと呼んだ(Lo chiamavano Trinità...)」
「トリニティ」シリーズ第一弾
 
冒険者の帰還(Le Retour d’un aventurier)」については「africultures.com」「"They believed in this court !" | Africultures」でも言及
 
※西部劇(ウエスタン)ものについてはバマコ(Bamako)」の劇中でもパロディ。エリア・スレイマン等が出演

「africultures.com」「Abderrahmane Sissako's film lesson | Africultures」より3本

風来坊 花と夕陽とライフルと…(花と夕日とライフルと)
西部決闘史(サバタが帰ってきた ... あなたは再び閉じた) ジャンフランコ・パロリーニ(フランク・クレイマー)…西部劇、ミステリー、アクション
風来坊Ⅱ-ザ・アウトロー エンツォ・バルボーニ(E.B.クラッチャー)…西部劇、コメディ、犯罪アクション
 
「西部決闘史(サバタが帰ってきた ... あなたは再び閉じた)」「西部悪人伝(サバタ)」「大西部無頼列伝(アディオス、サバタ)」から続くサバタシリーズ第三弾
 
「風来坊Ⅱ-ザ・アウトローの原題は「彼等は彼をトリニティと呼び続けた(Continuavano a chiamarlo Trinità)」「トリニティ」シリーズ第二弾
 
「トリニティ」シリーズについては「telerama.fr」「Abderrahmane Sissako : “Tourner ‘Timbuktu’, c'était presque un devoir”」でも言及
ストーカー アンドレイ・タルコフスキー…SF、ロードムービー放射能の恐怖
鏡 アンドレイ・タルコフスキー…女医、治療、戦争の記憶
ゲオルギー・レルベルグ「鏡」をはじめタルコフスキーの諸作品を手掛けたキャメラマン。シサコ「10月(Oktyabr)」の撮影・脚本も

●その他2本

トゥキ・ブゥキ ジブリル・ジオップ・マンベティ(ジブリル・ディオップ・マンベティ)…青春、犯罪、逃避行、ファンタジー、白昼夢、文明の交差。「The Criterion Collection」Abderrahmane Sissako on TOUKI BOUKI等で言及
アンドレイ・ルブリョフ アンドレイ・タルコフスキー…歴史、画家、戦争・動乱。「10月(Oktyabr)」で言及

●関連記事
マハマト=サレ・ハルーン…の「ダラット(Daratt)」等を共同制作