「殺し屋ネルソン(殺し屋ネルスン)」-ドン・シーゲル初期の傑作


殺し屋ネルソン(殺し屋ネルスン)
Baby Face Nelson


ようやく、ようやく山田宏一や蓮實重彥が語るドン・シーゲル幻の傑作を見る事ができました。

私が見たのは海外で販売されたVHS。画質は悪かったですが、この映画の面白さを損なうものではありませんね。
コイツは間違いなくドン・シーゲル初期の最高傑作です。圧倒的破壊の全力疾走で見せる見せる見せる、これぞギャング映画と言わんばかりの面白さ。

ダーティハリー「ラスト・シューティスト」といった初っ端からブチかます作品群と比べると、この映画は最初ブッ放さない。徐々に速度が加速していくタイプの撃ちまくり殺しまくり映画なのです。

実在したレスター・ギリス(ベビー・フェイス・ネルソン)の伝記としては実際のネルソンとかなり違いますが、アクション映画としてシーゲルのやりたい事が詰め込まれた素晴らしい出来となっています。
ミッキー・ルーニー演じるギリスの凄味!

クライマックス直前のギリス

ビルの群れ、人の群れ、刑務所、ナレーションによるギリスことネルソンの紹介。刑務所を出ていく影、その直後に「Baby Face Nelson(殺し屋ネルソン)」の題名が出る。
迎えの車に乗り、目的地に着き、アジトの階段を上っていく。二人の会話が終わってからやっと人物クレジットが出る。

葉巻の煙を払うように「もう殺しはやらん」サイレンサー付きの拳銃を返し一度は断りますが、運命はギリスを再び殺し合いの中に引きずり込んでいく。

刑務所から解放された喜びからか、浴びるように風呂ではしゃぐ。

久しぶりにあった女と熱いキスを何度も交わす。電気の白熱球をひねって消し、情事に入ろうとする。その後にちゃんと電球を戻す律義さ。殺し屋としての血がうずく新聞記事。
ヒロインはバーバラ・スタンウィッククローデット・コルベールに近いタイプのキャロリン・ジョーンズ

点滅するネオン、バスルームに押し入られ、身に覚えのない拳銃という“罠”、ツバには腹パンで返答される!

さあギリスの“ネルソン”としての復讐劇が加速するのはここからです。
列車、女が転ぶのはかがんだ標的をネルソンがブチのめすため、銃を奪い、車で運んだ遺体を猛スピードで地面に叩き落とす!

階段に隠れ、ターゲットが上ってきた瞬間に瞬く間に3人を射殺し車で即逃げる。本も死体が音をたてて転がっていくようにバラバラ落ちる演出。

酒を取りに隙を見せ、背中を向けた男の首に銃をつきつける。ガラスを撃ち抜くが一歩遅く、彼等は夜街を駆け抜ける。

脚から胸にかけてのラインを見るエロ医者、何回女とブチュブチュやんだよギリスは(憤慨)。

大火傷を負い包帯で顔を覆った男が渡す新聞、闇夜のブランコで作戦会議。

オフィス襲撃時の緊張。
時計、アイスクリーム屋に化け、警備を潜り抜け、車内では息を潜めてトンプソンを構える。
煙、「STOP」のバーを脚でこじ開け、緊張の糸が弾けた瞬間にトンプソンは火を吹き、金を積んだ車を奪って乗り換え逃げ切る。

仕事仲間の墓穴つくりを、酒を飲みながら見るだけの医者。そりゃスコップも投げたくなりますよ。

日光浴中の彼女に布をかける不器用な愛情、脚に触るエロ医者への嫉妬、愛情の暴走も加速していく。
他の男とちょっと喋っただけでも怒鳴り散らす。防弾とはいえいきなりバカスカ撃つんだから怖い。「裏切ったらマジでブッ殺すぞ」という警告としての発砲。

酒屋の登場で油断した後に現れる“本物”、裏口からの脱出、森の中での銃撃戦、巻き込まれる一般住民。
郵便局員から銀行強盗への早変わり。銃をクリックして脅す。おっちゃん涙目。

女にうつつを抜かす男たちの破滅、新聞の写真に刻まれるマーク。

ネルソンの転落も加速していく。思わぬ情報の流出、指紋手術の失敗、触れない腕で怒りの殴殺と船でドンブラコ。

スト20分のフルスピード。
銀行襲撃までのシークエンス、裏をかいて仲間まで裏切り閉じ込め、客のいる室内に催涙弾をブチまける。
銃声に異常な反応を示すほど精神的にも追いつめられる。動物狩りを楽しむ子供たちを撃ちそうになる瞬間。

クライマックスのチェイス、警官のバリケードもブチ破り、バックミラー、“死に場所”への直行・・・近づくサイレン、もたれかかり「俺を殺してくれっ!!」の絶叫!凄いラストシーンでした。