「ピロスマニのアラベスク」-パラジャーノフの短編


ピロスマニのアラベスク
Арабески на тему Пиросмани/Arabeskebi Pirosmanis temaze

19世紀から20世紀初頭にかけて活躍したナイーヴ派の天才画家・ニコ・ピロスマニへのオマージュを捧げたセミ・ドキュメンタリー。
グルジアに生まれたこの画家は、同じグルジア出身のセルゲイ・パラジャーノフによってスクリーンに姿を蘇らせる。
「火の馬」ざくろの色」などロシアとグルジアの世界観が融合した独特の映像で人々を虜にしてきたパラジャーノフ
特にパラジャーノフの短編は、その世界観が凝縮された濃厚な密度。
「ピロスマニのアラベスクは、そんなパラジャーノフの最高傑作の一つだと私は思っています。

グルジアの人々の生活を素朴な絵柄で描き続けたピロスマニ。放浪生活の後に孤独な生涯を閉じた彼の生き様を、パラジャーノフは時間と空間を捻じ曲げるような強烈なタッチで描く。

ファーストシーンは、パレットに絵の具を付ける手が映し出される。
その後、彼の作品の絵と、その絵の世界に住む人物たちを実写で俳優が演じていく。次々と撮られる写真、現像されるピロスマニの肖像。絵と実写、二次元と三次元が交互に映されていく。
人物を演じる女優陣の美しさ・・・それを眺めるだけでも素晴らしい。

セリフを極力拝し、映像のみで総てを語る演出はざくろの色」に通じます。今回は短編という、時間と格闘するような切迫感。
歴史、宴、戦争、自然、動物・・・彼が描く“眼”には、寂しさや怒りといった様々な感情が宿っているようです。

クライマックスで、草原に立てられた扉の中に消えていくピロスマニを思わせる画家。彼の横で踊る美しい女性は、ピロスマニが想いを寄せたフランスの「女優マルガリータなのでしょうか。