亀井文夫が語った映画

f:id:jgjhgjf:20200628020652j:plain

「母」より

全3項目

●代表作

「戦ふ兵隊(戦う兵隊)」
小林一茶
 
映画監督等で活躍した亀井文夫が影響を受けた・好きだった・語った映画。

●谷川義雄の編「たたかう映画―ドキュメンタリストの昭和史」より13本+1監督

上海ドキュメント ヤコブ・ブリオフ(ヤコブ・モイセエヴィチ・ブリオフ)…ドキュメンタリー、中国、労働者・革命。「Шанхайский документ」
幸福の港へ ヴラジーミル・エロフェエフ(ウラジーミル・エロフィエフ)…ドキュメンタリー、ドイツ、人々の日常。「К счастливой гавани」。ヴラジーミル・エロフェエフ(ヴラジーミル・エロフェーエフ/ウラジーミル・エロフィエフ/Владимир Ерофеев)
戦艦ポチョムキン セルゲイ・エイゼンシュテイン…戦争・革命、アクション、虐殺。恐らくソ連で見る。日本では戦後に初公開
母 フセヴォロド・プドフキン…革命、労働者、母子
呼応計画 フリードリッヒ・エルムエル(フリードリッヒ・エルムレル/フリードリッヒ・エルムラー)他…セルゲイ・ユトケヴィッチ(セルゲイ・ユトケーヴィッチ)/レオ・アルンシタム。労働者、工場、世代対立。「Встречный」
新バビロン グリゴリー・コジンツェフ(グリゴーリ・コージンツェフ/グリゴリー・コージンツェフ)他…レオニード・トラウベルク(レオニード・トラウベルグ)。革命、民衆蜂起、ロマンス
黄金狂時代 チャールズ・チャップリン…コメディ、飢えの恐怖、ロマンス
モダン・タイムス チャールズ・チャップリン…コメディ、風刺、ロマンス、犯罪
人生劇場(人生劇場 青春篇) 内田吐夢…亀屋原徳&八木保太郎の共同脚本。学生運動、ロマンス。八木が脚本を手掛けた名作として
限りなき前進 内田吐夢小津安二郎の原作を八木の脚本で映画化。ユーモア、会社員、精神的苦痛
 
「上海ドキュメント」「幸福の港へ」等をソ連時代の留学先であるウラジオストック(ウラジオストク)で見たそうです
 
※グリゴリー・コジンツェフ(グリゴーリ・コージンツェフ/グリゴリー・コージンツェフ)はレニングラード映画技術専門学校の教授を務めていた
 
内田吐夢による小杉勇・1936年版の「人生劇場 青春篇」は49分現存
 
「限りなき前進」はエンディングが改変されたものが現存
 
何が彼女をそうさせたか(何が彼女をさうさせたか) 鈴木重吉レニングラードのキノ・アルクで見たそうです。フィルムは現在終盤部分が欠落
衣笠貞之助…亀井たちの理解者の一人として。天ぷらをおごってもらったりしたそうです
 
小林一茶以降
原爆の子 新藤兼人…いわく『先を越された』
独裁者 チャールズ・チャップリン…戦後公開。戦後の高層ビルが並ぶ日本について、まるで「独裁者」で高さを競ったチャップリンたちのようとのこと
 
・TV
日本の素顔NHKによるドキュメンタリー番組。部落差別問題を扱った回が物議をかもしたことについて

「戦後映画の展開 〜講座日本映画 (5)」に収録された土本典昭との対談より1監督

溝口健二…が武蔵野のススキにこだわった“時間稼ぎ”について

●関連記事

土本典昭…対談

宮島義勇女の一生等の撮影
山本薩夫戦争と平和共同監督