サタジット・レイが影響を受けた映画

f:id:jgjhgjf:20191004042346j:plain

羅生門より

●代表作

「オプー三部作(オプー・トリロジー) 」シリーズ、
「音楽サロン」
 
ジャーナリスト・映画批評家として始まり、その後に映画監督、イラストレーター、グラフィック・デザイナー等で活躍したサタジット・レイ(サタジット・ライ)が影響を受けた・好きだった映画。

著作「わが映画インドに始まる(Our Films, Their Films)」で語った主な映画60本

オペラは踊る サム・ウッド/マルクス兄弟…コメディ、ミュージカル、アクション。無人島に持っていくなら迷わず選ぶ一本として
黄金狂時代 チャールズ・チャップリン…コメディ、飢えの恐怖、アクション
羅生門 黒澤明/宮川一夫…時代劇、ミステリー、裁判
ゲームの規則 ジャン・ルノワール…コメディ、群像劇、乱痴気騒ぎ
アパッチ砦 ジョン・フォード…西部劇、異文明との衝突、殺戮の糾弾。暴力表現描写の巧みさについて。フォードの諸作品についても述べ称賛を贈っていました
自転車泥棒 ヴィットリオ・デ・シーカ…戦後、父子、犯罪
ポー河の水車小屋 アルベルト・ラットゥアーダ…歴史、農民たちの苛立ち、犯罪
無慈悲(慈悲なき世界) アルベルト・ラットゥアーダ…戦後、犯罪、人種を超えた想い
春が来た(È primavera...) レナード・カステッラーニ(レナート・カステラーニ)…ロマンス、コメディ
靴みがき ヴィットリオ・デ・シーカ…戦後の闇、少年たち、疑心暗鬼
 
大地の子供たち(Dharti Ke Lal) ハドジャ・アフマド・アッバス(Khwaja Ahmad Abbas)
夢幻(カルパナ) ウダイ・シャンカール(Uday Shankar)
モダン・タイムス チャールズ・チャップリン
子供たちは見ている ヴィットリオ・デ・シーカ
殿方は嘘つき(殿方は嘘吐き) マリオ・カメリーニ
にがい米 ジュゼッペ・デ・サンティス
雲の中の散歩 アレッサンドロ・ブラゼッティ
バグダッドの盗賊 ラオール・ウォルシュ…幼い頃、印象に残っている一本として
アンクル・トムの小屋(アンクル・トムズ・キャビン) エドウィン・S・ポーター
東への道 D.W.グリフィス
 
ベン・ハー フレッド・ニブロ
ノートルダムのせむし男 ウォーレス・ワースリー…ロン・チェイニーがせむし男を演じる映画
巌窟王 エメット・J・フリン…ジョン・ギルバートがモンテ・クリスト伯を演じる作品
国民の創生(國民の創生) D.W.グリフィス
イントレランス D.W.グリフィス
極楽特急 エルンスト・ルビッチ
レンブラント(描かれた人生) アリグザーンダ・コルダ(アレクサンダー・コルダ)
ヘンリー八世の私生活 アリグザーンダ・コルダ(アレクサンダー・コルダ)
幽霊西へ行く ルネ・クレール
逢びき デヴィッド・リーン/ロバート・クラスカー
 
プライム・ミニスター(The Prime Minister) ソロルド・ディキンソン
大いなる遺産 デヴィッド・リーン
幸福なる種族 デヴィッド・リーン
最後の突撃 キャロル・リード
コロネル・ブリンプ(老兵は死なず) マイクル・パウエル(マイケル・パウエル)…原題は「ジ・ライフ・アンド・デス・オブ・コロネル・ブリンプ(The Life and Death of Colonel Blimp)」
艶ごと師(艶事師) シドニー・ギリアット/フランク・ローンダー
ガス燈のファニー(激情) アンソニー・アスクィス(アンソニー・アスキス)
ウイスキー大尽(ウイスキーガロア) アリグザーンダ・マッケンドリック(アレクサンダー・マッケンドリック)
ラヴェンダー・ヒル・モブ(ラベンダー・ヒル・モブ) チャールズ・クライトン…アレック・ギネス(アレックス・ギネス)、脚本T.E.B.クラークについて
白服の男(白衣の男/白いシャツの男/白いシャツを着た男) アリグザーンダ・マッケンドリックアレック・ギネス(アレックス・ギネス)
 
「逢びき」が撮られていた時期(1945年)における成長期のイギリス映画が好きだそうで、それ以降の諸作品にはあまり魅力を感じなかったとか
 
親切な心と王冠(カインド・ハート) ロバート・ハーマー(ロバート・ハーメル)…上に同じ
生きる 黒澤明
裏窓 アルフレッド・ヒッチコック…ヒッチコック最良の一本という考えがトリュフォーと一致したそうです
南部の人 ジャン・ルノワール
河 ジャン・ルノワール…助監督として学んだ作品。ルノワールから色んな話を聞いたそうで、ヨーロッパの監督が異国の地で異国の人間を撮ることへの見解についても聞いたそうです
大列車追跡(将軍) バスター・キートン/クライド・ブラックマン
海底王 バスター・キートン
キッド チャールズ・チャップリン
 
街の灯 チャールズ・チャップリン
市民ケーン オーソン・ウェルズ/ロバート・ワイズ/グレッグ・トーランド
ロバート・フラハティ(ロバート・J・フラハティ)
エリッヒ・フォン・シュトロハイム
 
「大樹のうた」以降
大人は判ってくれない フランソワ・トリュフォー
勝手にしやがれ ジャン=リュック・ゴダール
男性・女性 ジャン=リュック・ゴダール
突撃 スタンリー・キューブリック…彼が「片目のジャック」の製作に参加していた時機に撮影現場も見学したそうです
イージー・ライダー デニス・ホッパー
 
「片目のジャック」は当初キューブリックが監督予定でしたが、最終的にマーロン・ブランドが監督を務める
 
・本2冊
ヒッチコック(ヒッチコック映画術) フランソワ・トリュフォー/アルフレッド・ヒッチコック
さらば楽園(The Parade's gone by...) ケヴィン・ブラウンロー