川島雄三が影響を受けた映画 

戸田家の兄妹より

全5項目

●代表作

「暖簾」
「洲崎パラダイス赤信号」
 
映画監督等で活躍した川島雄三が影響を受けた・好きだった映画。

今村昌平の編「サヨナラだけが人生だ 映画監督川島雄三の生涯」より9本+4監督+α

イントレランス D.W.グリフィス…歴史スペクタクル、戦争、家族
戸田家の兄妹 小津安二郎/桑野通子…家族、老後、ユーモア。コンテの立て方等を学んだそうです。桑野通子のファンだった川島はファンレターを出したこともあるそうです
孔雀夫人 ウィリアム・ワイラー…恋愛、夫婦。ワイラーは大船の監督たちが影響を受けた監督だったそうで、吉村公三郎渋谷実も影響を受けたとか。川島的にも「孔雀夫人」がワイラーの頂点だそうです
山中貞雄…時代劇、犯罪、コメディ等を得意とした監督
フランク・キャプラ…恋愛、ユーモア等を得意とした監督
ルイス・マイルストン…コメディ、戦争等を得意とした監督
伊丹万作…コメディ、時代劇等を得意とした監督
兄とその妹 島津保次郎/桑野通子…兄妹、三角関係、日常。助監督に付き学んだ作品
花ある雑草 清水宏…学校、教師、子供たち。助監督に付き学んだ作品。影響を受けた監督の一人
真実一路 田坂具隆…家族、親子。リメイクを監督。「名作」とのことで「とらわれず(囚われず)にやりましたが、やはり人が先にやったものは、よほど特別自分に打ち出すものがないと、結果的によくない」とのこと
 
島津は川島が学校の映研(映画研究会)の頃に座談会に呼びつけて毒づいてしまったという監督の一人。彼の影響も受けているそうです
 
愛染かつら 野村浩将…恋愛、看護師。総集編が現存。助監督に付き学んだ作品。野村からは商売のことを学んだとか
女こそ家を守れ 吉村公三郎…助監督に付き学んだ作品。座談会に呼びつけた監督の一人。本には渋谷実の監督となっていますが実際は吉村公三郎です
阪妻(阪東妻三郎)…出演の映画。1918年(大正7年)に生まれた川島。小学校の頃に阪妻の映画を見たそうです
 
・その他本7冊
清楚 織田作之助…小説。「還ってきた男」として映画化。織田は親交の深かった作家
地下鉄サム ジョンストン・マッカレーエンコのロク(エンコの六)のネタ元
エンコのロク(エンコの六) サトウハチロー「追ひつ追はれつ(ニコニコ大会 追ひつ追はれつ)」として映画化
ウィンター・セット マクスウェル・アンダーソン…史劇。「深夜の市長」のヒントになったそうです
ドノコ・トンカ(ドノゴー=トンカ) ジュール・ロマン…戯曲。「オオ!市民諸君」への影響
昨日と明日の間 井上靖…同名で映画化。当時は井上靖は割合好きだったそうですが、後年は「井上氏の甘さが多少気になった」そうです
あかんぼ頌 アンドレ・ルッサン…演劇。「愛のお荷物」として映画化。松竹の頃からやりたかったものだったそうです

中央公論1963年川島雄三と喜劇」で語っていた作品1本

巴里祭 ルネ・クレール…コンテで見たそうです。ロマンティック・コメディ。「還って来た男」でもオマージュ

「映画監督川島雄三 松竹時代」より1本+1監督

銀嶺の果て 谷口千吉/黒澤明…犯罪、強盗、雪山
マーヴィン・ルロイ
 
・戯曲

フランキー堺が好きだった映画

f:id:jgjhgjf:20190306142857j:plain
丹下左膳餘話 百萬兩の壺」より
川島と組みコメディアン、俳優、ミュージシャン等で活躍したフランンキー堺が影響を受けた映画。
 
「青春の数だけ名画がある 日本映画ベスト200」でフランキーが選んだオールタイムベスト6本
丹下左膳餘話 百萬兩の壺 山中貞雄…時代劇、コメディ、アクション
カサブランカ マイケル・カーティス/ドン・シーゲル
哀愁 マーヴィン・ルロイ
少年の町 ノーマン・タウログ/ミッキー・ルーニー
 
 
「大アンケートによる日本映画ベスト150」より5本
 
「ベスト5フランキー堺氏の推す川島作品」
幕末太陽伝(傳)…出演作
雁の寺
女は二度生まれる
しとやかな獣
貸間あり