マイケル・オンダーチエが影響を受けた映画

「サイコ」より

●代表作

小説名もなき人たちのテーブル
「イギリス人の患者(イングリシュ・ペイシェント)」
 
詩人、小説家等で活躍するマイケル・オンダーチエが影響を受けた・好きな映画。

「映画もまた編集である――ウォルター・マーチとの対話」より15本

サイコ アルフレッド・ヒッチコック…サイコ・スリラー、人格、恐怖
裏窓 アルフレッド・ヒッチコック…スリラー、ミステリー、覗き見、恐怖
スリ(掏摸) ロベール・ブレッソン…犯罪、出会い、恋愛
めまい アルフレッド・ヒッチコック…スリラー、恋愛、ジリジリとした追跡のスリル
レイジング・ブル マーティン・スコセッシ…伝記、ボクシング、八百長
駅馬車 ジョン・フォード…西部劇、アクション、異文明との衝突、恋
レディ・イヴ プレストン・スタージェススクリューボール・コメディ、ロマンス
街の灯 チャールズ・チャップリン…恋愛、コメディ、ボクシング
黒い罠 オーソン・ウェルズフィルム・ノワール汚職、社会の闇。TVでオリジナル版(初公開時にウェルズの意図を無視してズサンな編集をしたver.)を見た時は途中で退屈してしまったそうですが、ウェルズが残したメモを元にウォルター・マーチが編集し直したver.は面白くて引き込まれ感激したそうです
市民ケーン オーソン・ウェルズ/ロバート・ワイズ…ミステリー、伝記風壮大なドラマ
 
ハスラー ロバート・ロッセン/シドニー・キャロル/デデ・アレン…作品よりもデデ・アレンの編集が特に印象に残っているとのこと
リハーサルの後で イングマール・ベルイマン
ザ・フライ(蠅男の恐怖) カート・ニューマン…デヴィッド・クローネンバーグがリメイクしたもののオリジナルということで市民ケーンに匹敵する作品だとのこと
ピアニストを撃て フランソワ・トリュフォー
ジャン=リュック・ゴダール