スコット・スターリン(Scott Sterling)に救済を

マット・ミース(Matt Meese)が演じるスコット・スターリン(Scott Sterling)が毎回悲惨な目に遭うコントが面白い。
 
コメディ番組「スタジオC(Studio C)でシリーズ化されているスポーツを題材にしたコメディ。
 
サッカーでキーパーをやればすべてのシュートが顔面に吸い込まれるように叩き込まれ、バレーをやれば顔面に呪いでもかかっているかの如く何度も何度もボールがクリティカルヒットし彼は地べたに倒れ沈黙する。
 
負傷具合も出血に晴れ上がった顔面で痛々しい。それに構うことなく医者はテキトーにGOサインをし、椅子に座らせたり、全員で巨大な武器のように抱えられ酷使され続ける。ヒーローインタビューでもボールが襲い掛かり、病室でさえリポーターが苛烈に煽りまくり安息の暇を与えない。
 
実況と民衆と仲間たちはキチガイのようにスコット・スターリンの活躍を称え、スターリンは声にならない救済を無言で訴え続けるのである。
 
担架は彼を救い出すためではなく、次の顔面リンチスタジアムへ連れていくために機能し続ける。