チママンダ・アディーチェが影響を受けた映画

「母たちの村」より

●代表作

アメリカにいる、きみ」
「半分のぼった黄色い太陽」
 
小説家として活躍する女性チママンダ・ンゴズィ・アディーチェが影響を受けた映画。

「the guardion」「Films of my life: Chimamanda Ngozi Adichie」より7本

母たちの村(Mooladé) ウスマン・センベーヌ…母親、風習、差別、社会問題、西アフリカの村
サウンド・オブ・ミュージック ロバート・ワイズ…ミュージカル、女性教師、戦争の影
ドクトル・ジバゴ デヴィッド・リーン/ニコラス・ローグ…戦争、歴史、恋愛
リビング・イン・ボンデージ(Living in Bondage) クリス・オビ゙・ラプ(Chris Obi Rapu)…労働、儀式、ナイジェリア社会、人種
シティ・オブ・ゴッド フェルナンド・メイレレス/ウォルター・サレス/カティア・ルンド他…ギャング、ストリートチルドレン、人種差別、ブラジル、リオデジャネイロ社会の闇
バベットの晩餐会 ガブリエル・アクセル…歴史、料理、ドラマ
星の王子 ニューヨークへ行く ジョン・ランディス/リック・ベイカー…ロマンティック・コメディ、アフリカからニューヨークへ