エドワード・ズウィックのオールタイムベスト

全6項目

●代表作

「グローリー」
制作:アイ・アム・サム

映画監督、プロデューサー等で活躍するエドワード・ズウィックが影響を受けた・好きな映画。

「RT Interview: Defiance Director Edward Zwick on His Favorite Films, Rejecting Auteur Theory, and More」より3本+10監督

素晴らしき哉、人生! フランク・キャプラ…恋愛、ユーモア、ファンタジー、戦争の足音。自身の制作会社に今作を記念したベッドフォード・フォールズ・カンパニーの名を付けるほど
ゴッドファーザー フランシス・フォード・コッポラ…ギャング、戦後、抗争、暗殺
フランソワ・トリュフォー
黒澤明
ジョン・フォード
ジョン・スタージェス
フェデリコ・フェリーニ
ルイス・ブニュエル
エットーレ・スコラ
ハワード・ホークス
 
ウディ・アレン
ポール・マザースキー
炎628 エレム・クリモフ…戦争、虐殺、報復

「DGA」「Falling in Love Again」より1本+2監督

アニー・ホール ウディ・アレン…ロマンティック・コメディ、情事
フェデリコ・フェリーニ
ハワード・ホークス

BBC - Movies」「Calling The Shots」より「Ed Zwick」で語った映画13本+2監督

※インタビューは「 Ed Zwick(エド・ズウィック)」名義で受けています
 
あんなに愛しあったのに エットーレ・スコラ…コメディ、ロマンス、戦後。ヴィットリオ・ガスマンが出る映画
ウディ・アレン
若き日のリンカン(リンカーン) ジョン・フォード…伝記、裁判
七人の侍 黒澤明…戦争映画さながらの時代劇、恐怖、アクション
マスター・アンド・コマンダー ピーター・ウィアー…戦争、歴史
捜索者 ジョン・フォード…西部劇、アクション、銃撃戦、人種差別者が異常者として描かれる
サム・ペキンパー
ローカル・ヒーロー ビル・フォーサイス…コメディ、ビジネスマン
日本人の勲章 ジョン・スタージェス…ミステリー、戦後、西部劇、人種問題。最も過小評価された監督としても名を挙げていました
 
大脱走 ジョン・スタージェス…戦争、捕虜収容所、アクション
荒野の七人 ジョン・スタージェス七人の侍のリメイク。西部劇、アクション
ロスト・イン・トランスレーション ソフィア・コッポラ/フランシス・フォード・コッポラ「グローリー」以降
チャレンジ・キッズ ジェフリー・ブリッツ「グローリー」以降
キャプチャリング・ザ・フリードマンス(Capturing the Friedmans) アンドリュー・ジャレッキ/リチャード・ハンキン「グローリー」以降

「DEN of GEEK!」「Ed Zwick interview: Jack Reacher: Never Go Back」より5本

駅馬車 ジョン・フォード…西部劇、馬の猛烈なチェイス、銃撃戦、決闘
ブリット ピーター・イェーツ/ウィリアム・A・フレイカー/スティーブ・マックィーン/ウォルター・ヒル
フレンチ・コネクション ウィリアム・フリードキン/ハワード・ホークス
コンドル シドニー・ポラック
ミッション:インポッシブル ブライアン・デ・パルマ/トム・クルーズ「グローリー」以降

「The Telegraph」「Filmmakers on film: Ed Zwick」より1本+2監督

エド・ズウィック(Ed Zwick)名義
 
シェーン ジョージ・スティーヴンス
ハワード・ホークス
ウィリアム・ワイラー