伊丹十三が影響を受けた映画

全8項目

●代表作

マルサの女シリーズ、
タンポポ
俳優「男の顔は履歴書」
TVドラマ俳優北の国から
映画&ゲーム制作スウィートホーム
 
黒沢清とともに蓮實重彦に傾倒し、俳優、エッセイスト、テレビ制作、デザイナー、料理人、評論家、映画監督等幅広いジャンルで活躍した十三が好きだった映画をまとめてみました。

「「マルサの女」日記」で制作時に見たという作品25本+α

北北西に進路を取れ アルフレッド・ヒッチコック…スパイ・アクション、恋愛、ロマンス、色気
サイコ アルフレッド・ヒッチコック…サイコ・スリラー、猟奇殺人、恐怖
 アルフレッド・ヒッチコック…SF、パニック、恐怖
ハタリ! ハワード・ホークス…動物狩りアクション、ユーモア、ロマンス、猛烈なチェイスマルサの女でオマージュ
探偵 ジャン=リュック・ゴダール…犯罪、コメディ、ロマンス。ゴダールの最高傑作の一つとのこと
恋のエチュード フランソワ・トリュフォー…恋愛、姉妹、蝋燭
三つ数えろ ハワード・ホークスフィルム・ノワール、探偵、ミステリー
トパーズ アルフレッド・ヒッチコック…スパイ、スリラー、冷戦
現金に手を出すな ジャック・ベッケルフィルム・ノワール、ギャング、奪い合い
博士の異常な愛情 スタンリー・キューブリックSF、ブラック・コメディ、戦争
 
シティズン・ケーン(市民ケーン) オーソン・ウェルズ
ロリータ スタンリー・キューブリック
眼下の敵 ディック・パウエル
ゴッドファーザー フランシス・フォード・コッポラ
ゴッドファーザー2(ゴッドファーザーPartⅡ) フランシス・フォード・コッポラ
イレイザーヘッド デヴィッド・リンチ
アルタード・ステイツ ケン・ラッセル
パッション ジャン=リュック・ゴダール
スキャナーズ デヴィッド・クローネンバーグ
 
ペイルライダー クリント・イーストウッド
マリア ジャン=リュック・ゴダール
ストリート・オブ・ファイア(ストリート・オブ・ファイヤー) ウォルター・ヒル
XYZマーダーズ サム・ライミ
盗聴作戦 シドニー・ルメット
 
・TVドラマ
サラリーマン 周防正行

「「お葬式」日記」より13本+9監督

裏窓 アルフレッド・ヒッチコック
駅馬車 ジョン・フォート
戸田家の兄妹 小津安二郎
自由の幻想 ルイス・ブニュエル
アマルコルド フェデリコ・フェリーニ
ロスト・ロスト・ロスト ジョナス・メカス
チャイナタウン ロマン・ポランスキー/ジョン・ヒューストン/ジョン・A・アロンゾ
ペーパー・ムーン ピーター・ボグダノヴィチ/ラズロ・コヴァックス/オーソン・ウェルズ(アイデア協力)
氷壁の女 フレッド・ジンネマン
エデン、その後 アラン・ロブ=グリエ
カルメン ブライアン・ラージ…十三が「こきおろした」そうです
ロベール・ブレッソン
カール・テオドア・ドライヤー
ルキノ・ヴスコンティ
マルコ・ヴェロッキオ
マキノ雅弘
フランソワ・トリュフォー

エルマンノ・オルミ
ジャン=リュック・ゴダール

伊丹十三記念館の企画「ビックリ人間 伊丹十三の吸収術」で展示されていたその他コレクションの一部12本

北北西に進路を取れ
幌馬車 ジョン・フォード
めまい アルフレッド・ヒッチコック…車によるジリジリとした追跡場面をマルサの女におけるバイクシーン演出の参考にしたそうです
8 1/2(オット・エ・メッツォ) フェデリコ・フェリーニタンポポの帽子を被って入浴する男
抵抗 ロベール・ブレッソン/ルイ・マル
大人の見る繪本 生まれてはみたけれど 小津安二郎タンポポの貼り紙
晩春 小津安二郎
残菊物語 溝口健二
生きる 黒澤明「お葬式」
 
アニー ジョン・ヒューストン
赤西蠣太 伊丹万作…十三の父である万作が撮った作品

●俳優時代の著書「ヨーロッパ退屈日記」より9本+1監督+α

ラタラント(アタラント号) ジャン・ヴィゴオ(ジャン・ヴィゴ)
ゼロ・ド・コンデュイ(新学期・操行ゼロ) ジャン・ヴィゴオ(ジャン・ヴィゴ)
北京の55日 ニコラス・レイ…俳優として出演し学ぶ
ロード・ジム リチャード・ブルックス…俳優として出演し学ぶ。共演したピーター・オトゥールのことを絶賛していました
エル・シド アンソニー・マン
クレオパトラ ジョセフ・L・マンキーウィッツ
ルイス・マイルストン…の言葉
ゾルゲ(スパイ・ゾルゲ) イヴ・シャンピ
真昼の決闘 フレッド・ジンネマン/スタンリー・クレイマー/ゲイリー・クーパー…作品名は忘れてしまったそうですが、ゲイリー・クーパーが片手を握ったり開いたりして汗が手に滲み、焦りと苛立ちと孤独に耐える演技を見せる作品はコレです
ニュールンベルグ裁判 スタンリー・クレイマー…が日本でさほどヒットしなかった理由について
 
ニコラス・レイについては「エピック(映画作りに必要な映像を撮るだけ撮ったらあとは編集技師にすべて任せなければならず、自分で編集出来ない)が嫌いだ」という考えが一致したそうです
 
※クーパーの演技力の素晴らしさについて褒めたたえつつ「映画の良し悪しは、役者の演技の不出来で作品そのものの評価も大きく左右される」的なことを語っていました
 
・本
駿河遊侠伝 子母沢寛
武器よさらば アーネスト・ヘミングウェイ
 
・その他
大江健三郎…とイオネスコの芝居「禿のプリマドンナ」「レッスン」を見たそうです

「自分たちよ!」より12本

蓮實重彦野上照代との対談より9本(蓮實重彦「映画狂人、語る。」に再録)
駅馬車 ジョン・フォード…黒澤映画のキャメラの動きの違いについて
隠し砦の三悪人 黒澤明…黒澤映画における“旗”について
七人の侍 黒澤明“上がパタパタ、下がビショビショ、地面がビショビショ・ドロドロ・ヌルヌル”という黒澤映画の特徴について
天国の地獄 黒澤明
影武者 黒澤明/本多猪四郎
奇蹟(奇跡) カール・テオドア・ドライヤー…洗濯物が印象的な奇蹟(奇跡)はコレ
美女と野獣 ジャン・コクトー
 
・「影武者」評で言及した3本
蜘蛛巣城 黒澤彰
アルフレッド・ヒッチコック
 
※伊丹は「影武者」の日本における評価を巡り、物語にばかり注目する評論家たちの見る目の無さに呆れた様子でした

蓮實重彦「映画狂人、語る。」より22本+2監督

抵抗
アニー
早春 小津安二郎…本作に出演した岸恵子がデヴィッド・リーンやアレクサンダー・コルダたちと“歯”に関するやり取りを交わしたエピソードについて
汚名 アルフレッド・ヒッチコック
アパッチ砦 ジョン・フォード…ワード・ボンドとヴィクター・マクラグレンが軍曹を演じているジョン・フォード映画。マクラグレンの方は他に「テンプルの軍使」「リオ・グランデの砦」「黄色いリボン」等でも軍曹を演じる
隣の女 フランソワ・トリュフォー
ピアニストを撃て フランソワ・トリュフォー
日曜日が待ち遠しい! フランソワ・トリュフォー
勝手にしやがれ ジャン=リュック・ゴダール/フランソワ・トリュフォー
 
気狂いピエロ ジャン=リュック・ゴダール/サミュエル・フラー
おかあさん 成瀬巳喜男
浪華悲歌 溝口健二
ゲームの規則 ジャン・ルノワール
フェデリコ・フェリーニ
ルキノ・ヴィスコンティ
 
ことの次第 ヴィム・ヴェンダース
生きてゐる小平次(怪異談 生きてゐる小平次) 中川信夫
カリフォルニア・ドールズ ロバート・アルドリッチ
十九歳の地図 柳町光男
E.T. スティーヴン・スピルバーグ
フィッツカラルド ヴェルナー・ヘルツォーク
 
1900年(1900年代) ベルナルド・ベルトルッチ
エボリ フランチェスコ・ロージ
泥の河 小栗康平
 
・本2冊
シネマの記憶装置 蓮實重彦…ブレッソン映画への評について

●その他2本

草の上の昼食 ジャン・ルノワール「お葬式」の源流
日本春歌考 大島渚…俳優として出演し学ぶ