アンドレイ・タルコフスキーが影響を受けた映画

●代表作

「ストーカー」
 
映画監督として活躍したアンドレイ・タルコフスキーが影響を受けた・好きだった映画。

●以下タルコフスキーの著書「映像のポエジア : 刻印された時間(Sculpting in Time)」や1972年の「Sight & Sound」に掲載された「One Day in the Life of Andrei Arsenevich」を中心に33本を抜粋

田舎司祭の日記 ロベール・ブレッソン…日常、ドラマ、死
冬の光 イングマール・ベルイマン…愛情、恋愛、神の不在
サリン ルイス・ブニュエル…歴史、ドラマ、愛情、宗教の無力さ
野いちご イングマール・ベルイマン/ヴィクトル・シェストレム…ロード・ムービー
街の灯 チャールズ・チャップリン…コメディ、恋愛、ボクシング
雨月物語 溝口健二/伊藤憙朔…時代劇、戦争、ホラー
七人の侍 黒澤明…戦争映画さながらの時代劇、アクション
仮面-ペルソナ イングマール・ベルイマン…分身、幻想、心情
少女ムシェット ロベール・ブレッソン…少女、犯罪、絶望
砂の女 勅使河原宏/安部公房/瀬川浩…情事、閉鎖的な世界、郷愁(ノスタルジック)的感覚
 
大地 アレクサンドル・ドヴジェンコ(オレクサンドル・ドヴジェンコ)
8 1/2(オット・エ・メッツォ) フェデリコ・フェリーニ
灰とダイヤモンド アンジェイ・ワイダ
火の馬 セルゲイ・パラジャーノフ
アタラント号 ジャン・ヴィゴ/ボリス・カウフマン
裁かるゝジャンヌ(裁かるるジャンヌ) カール・テオドア・ドライヤー
歌うつぐみがおりました オタール・イオセリアーニ
恥 イングマール・ベルイマン
情事 ミケランジェロ・アントニオーニ
夜 ミケランジェロ・アントニオーニ/ベルンハルト・ヴィッキ
 
太陽はひとりぼっち ミケランジェロ・アントニオーニ
市民ケーン オーソン・ウェルズ/ロバート・ワイズ
ざくろの色 セルゲイ・パラジャーノフ
鏡の中にある如く イングマール・ベルイマン
アンダルシアの犬 ルイス・ブニュエル/サルバドール・ダリ
どん底 ジャン・ルノワール/ジャック・ベッケル
奇跡 カール・テオドア・ドライヤー
叫びとささやき イングマール・ベルイマン
落ち葉(falling leaves) オタール・イオセリアーニ
青い青い海 ボリス・バルネット
 
処女の泉 イングマール・ベルイマン
ゾーヤ(zoya)  レフ・アルンシュタム
田園詩 オタール・イオセリアーニ