カイエ・デュ・シネマが選ぶ史上最高の映画と作家(監督)

●概要

フランスを代表する映画雑誌カイエ・デュ・シネマ(Cahiers du cinéma)」の2008年11月号に掲載された「史上最高の映画100本(理想的なシネマテークのための映画100本)」「史上最高の映画監督50人」のリストをUPしてみました。
78人の批評家の投票で決まったそうです。リストの数字が重複しているのは、恐らく同票だったからだと思われます。
なお、作品名/作家の下記に個人的な備考を掲載しておりますのであくまで参考としてお受け取り下さい。
「カイエ」の評論家たちも一枚岩ではありません。作品によって評価が違う監督もいますし、監督よりも作品に関わった俳優・キャメラマン・脚本家といったその他スタッフを評価する場合も。
バザンたちにしても初期から評価している作家もいれば、後年になって再評価が進んだ作家もいます。

●史上最高の映画100本(100 films pour une cinémathèque idéale)

1:市民ケーン オーソン・ウェルズ
ウェルズのアメリカ時代を代表する一本。
編集にロバート・ワイズも参加。
ウェルズは監督だけでなく俳優としても高い評価を得ています
 
2:狩人の夜 チャールズ・ロートン
アメリカ。
脚本にジェームズ・エイジー(ジェームズ・アギー)も参加。
唯一の監督作狩人の夜は元より、俳優としても評価が高い
 
2:ゲームの規則 ジャン・ルノワール
フランス時代のルノワールを代表する一本。
 
4:サンライズ F.W.ムルナウ
ムルナウアメリカで撮った代表作の一つ
 
5:アタラント号 ジャン・ヴィゴ
フランス。
後に十二人の怒れる男」「波止場」等を撮るキャメラマンボリス・カウフマンと組んだ伝説的な作品の一つ。最初期に編集されたver.の頃から評価していた者もいますが、現在は後年ほぼ完全な状態で修復されたフィルムが現存
 
6:M(エム) フリッツ・ラング
ドイツ時代のラングを代表する一本。
人によってはドイツ時代よりもアメリカ時代を評価する方も(飾窓の女」「ムーンフリート」等)
 
7:雨に唄えば スタンリー・ドーネン/ジーン・ケリー
アメリ
 
8:めまい アルフレッド・ヒッチコック
アメリ
 
9:天井桟敷の人々 マルセル・カルネ
フランス。
カルネが長年コンビを組んだ脚本家ジャック・プレヴェールとの代表作の一つ
 
9:捜索者 ジョン・フォード
アメリカ。
制作にメリアン・C・クーパーが参加したフォードの代表作の一つ。
フォードに対してバザンはあまり評価せず(代わりにウィリアム・ワイラーを積極的に擁護)、ゴダール等が「捜索者」を中心に晩年のフォードを評価。現在最も再評価が進んだ作家の一人と言えましょう
 
9:グリード エリッヒ・フォン・シュトロハイム
アメリカ。
監督だけでなく俳優としても高い評価を受ける。現在短縮されたver.のみ現存
 
12:リオ・ブラボー ハワード・ホークス
アメリカ。
ホークスも後期は「リオ・ブラボー」「ハタリ!」かで評価が割れることがありますが、前期の作品を中心にプロデューサーとしても高い評価を受けているそうです
 
12:生きるべきか死ぬべきか エルンスト・ルビッチ
ドイツで活躍していたルビッチがアメリカで撮った代表作の一つ
 
助監督に今村昌平が参加
 
15:軽蔑 ジャン=リュック・ゴダール
フランス。
バザンの弟子の一人にしてヌーヴェルヴァーグを代表するゴダールが撮った一本。
晩年のフリッツ・ラングが出演
 
 
16:街の灯 チャールズ・チャップリン
アメリ
 
16:将軍(大列車追跡/大列車強盗) バスター・キートン
アメリカ。
キートンがよく組んだ脚本・監督のクライド・ブラックマンとの代表作の一つ
 
16:吸血鬼ノスフェラトゥ F.W.ムルナウ
ドイツ時代のムルナウを代表する一本
 
16:音楽サロン サタジット・レイ
インド
 
21:フリークス(怪物團) トッド・ブラウニング
アメリ
 
21:大砂塵 ニコラス・レイ
アメリ
 
21:ママと娼婦 ジャン・ユスターシュ
フランスのポスト・ヌーヴェルヴァグの一人であるユスターシュを代表する一本
 
24:独裁者 チャールズ・チャップリン
アメリ
 
24:山猫 ルキノ・ヴィスコンティ
イタリア。
ヴィスコンティも作品によって評価が分かれる一人。「山猫」よりも「夏の嵐」を評価する人も
 
24:二十四時間の情事(ヒロシマモナムール) アラン・レネ
フランス人のレネが日本を舞台にしたフランス・日本合作映画。脚本にマルグリット・デュラス、撮影に高橋通子が参加
 
24:パンドラの箱 G.W.パプスト
ドイツ
 
24:北北西に進路を取れ アルフレッド・ヒッチコック
アメリ
 
24:スリ(掏摸) ロベール・ブレッソン
フランス
 
30:肉体の冠 ジャック・ベッケル
フランス。
ベッケルは後年再評価が進んだ一人。バザンはあまり評価せず(後に再評価)、トリュフォーゴダールが初期の肉体の冠等を賞賛
 
30:裸足の伯爵夫人 ジョセフ・L・マンキーウィッツ
アメリカ・イタリア合作映画。
作品によって評価が分かれる作家の一人
 
30:ムーンフリート フリッツ・ラング
アメリカ時代のラングが撮った一本
 
30:たそがれの女心 マックス・オフュルス
オフュルスがフランス帰国時代に撮ったフランス・イタリア合作映画。
俳優としてヴィットリオ・デ・シーカも出演
 
30:快楽 マックス・オフュルス
オフュルスのフランス帰国時代
 
30:ディア・ハンター マイケル・チミノ
アメリ
 
36:情事 ミケランジェロ・アントニオーニ
イタリア
 
36:戦艦ポチョムキン セルゲイ・エイゼンシュテイン
ロシア
 
36:汚名 アルフレッド・ヒッチコック
アメリ
 
36:イワン雷帝 セルゲイ・エイゼンシュテイン
ソ連(ロシア)
 
36:ゴッドファーザー フランシス・フォード・コッポラ
アメリ
 
36:黒い罠 オーソン・ウェルズ
アメリ
 
36:風 ヴィクトル・シェストレム
スウェーデンで活躍したシェストレムがアメリカで撮った代表作の一本
 
43:2001年宇宙の旅 スタンリー・キューブリック
アメリカ・イギリス合作
 
43:ファニーとアレクサンデル イングマール・ベルイマン
スウェーデン・フランス・西ドイツ合作
 
45:群衆 キング・ヴィダー
アメリ
 
45:8 1/2(オット・エ・メッツォ) フェデリコ・フェリーニ
イタリア
 
45:ラ・ジュテ クリス・マルケル
フランス
 
45:気狂いピエロ ジャン=リュック・ゴダール
フランス・イタリア合作。
 
45:とらんぷ譚 サッシャ・ギトリ
フランス
 
50:アマルコルド フェデリコ・フェリーニ
イタリア・フランス合作
 
50:美女と野獣 ジャン・コクトー
フランス。
制作にルネ・クレマンも参加
 
50:お熱いのがお好き ビリー・ワイルダー
ワイルダーは脚本家時代(ルビッチニノチカやホークス教授と美女等)の方を評価する人も多いようです。
また監督としてもコメディかミステリーか、あるいは戦争系かと意見が分かれているみたいですね
 
50:走り来る人々 ヴィンセント・ミネリ
アメリ
 
50:ガートルード(ゲアトルーズ) カール・テオドア・ドライヤー
デンマーク
 
50:キング・コング メリアン・C・クーパー/アーネスト・B・シュードザック他
アメリカ。
 
50:ローラ殺人事件 オットー・プレミンジャー
アメリカ。
ルーベン・マムーリアンから制作を引き継ぐ
 
50:七人の侍 黒澤明
日本。
作品によって評価が分かれる一人。七人の侍よりも隠し砦の三悪人」「用心棒」、バザン等羅生門」「生きる」を評価する場合も
 
58:大人は判ってくれない フランソワ・トリュフォー
フランス。バザンの弟子の一人にしてヌーヴェルヴァーグを代表するトリュフォーの長編デビュー作。
ジャック・ドゥミヌーヴェルヴァーグ関係者も制作に多数参加
 
58:甘い生活 フェデリコ・フェリーニ
イタリア
 
58:ザ・デッド-「ダブリン市民」より ジョン・ヒューストン
イギリス・アイルランドアメリカ合作。
ヒューストンも脚本家時代や作品によって評価が分かれる作家の一人。俳優としての評価も高い
 
58:極楽特急 エルンスト・ルビッチ
アメリ
 
58:素晴らしき哉、人生! フランク・キャプラ
作品によって評価が分かれる作家の一人
 
58:殺人狂時代 チャールズ・チャップリン
オーソン・ウェルズのアイデアを元にチャップリンが撮った作品
 
58:裁かるゝジャンヌ カール・テオドア・ドライヤー
ドライヤーがフランスで撮った代表作の一つ
 
65:勝手にしやがれ ジャン=リュック・ゴダール
フランス。
ジャン=ピエール・メルヴィルクロード・シャブロルといったヌーヴェルヴァーグに深く関係する人間が多数参加したゴダールの長編デビュー作
 
65:地獄の黙示録 フランシス・フォード・コッポラ
アメリ
 
65:バリー・リンドン スタンリー・キューブリック
イギリス
 
65:大いなる幻影 ジャン・ルノワール
フランス時代のルノワールを代表する一本。
俳優としてシュトロハイム、助監督にジャック・ベッケル
 
65:イントレランス D.W.グリフィス
アメリカ。
俳優としてシュトロハイムトッド・ブラウニングフランク・ボーゼージ(ボザージ/ボザーギ)、W・S・ヴァン・ダイク(ウッドブリッジ・ストロング・ヴァン・ダイク)等が出演
 
65:ピクニック ジャン・ルノワール
フランス時代のルノワールを代表する一本。
助監督にベッケルやヴィスコンティ等が参加
 
65:プレイタイム ジャック・タチ
フランス
 
65:無防備都市 ロベルト・ロッセリーニ
イタリア。
フェリーニも脚本に参加
 
65:夏の嵐 ルキノ・ヴィスコンティ
イタリア。
 
65:モダンタイムス チャールズ・チャップリン
アメリ
 
65:ヴァン・ゴッホ モーリス・ピアラ
フランスのポスト・ヌーヴェルヴァーグを代表するピアラの作品
 
76:めぐり逢い レオ・マッケリー
アメリカ。脚本にデルマー・デイヴィスも参加
 
76:アンドレイ・ルブリョフ アンドレイ・タルコフスキー
作品によって評価が分かれる作家の一人。ノスタルジアしか評価しない人も
 
76:恋のページェント ジョセフ・フォン・スタンバーグ
アメリ
 
 
76:トーク・トゥ・ハー ペドロ・アルモドバル
スペイン
 
76:パーティ ブレイク・エドワーズ
アメリ
 
76:タブウ F.W.ムルナウ
アメリカ時代のムルナウが、南太平洋のポリネシア諸島を舞台にしたドキュメンタリー。
ドキュメンタリー作家のロバート・フラハティも参加
 
76:バンド・ワゴン ヴィンセント・ミネリ
アメリ
 
76:スタア誕生 ジョージ・キューカー
アメリカ。
 
76:ぼくの伯父さんの休暇 ジャック・タチ
フランス
 
86:アメリアメリカ エリア・カザン
トルコのイスタンブール生まれであるギリシャアメリカ人のカザンが、制作アメリカ、舞台トルコ、撮影ギリシャで監督した作品。
アメリカで活躍したカザンもまた作品によって評価が分かれる作家の一人
 
86:エル ルイス・ブニュエル
メキシコ時代のブニュエルを代表する一本。
ブニュエルはフランス時代よりもメキシコ時代の評価が圧倒的に高いようです
 
86:キッスで殺せ ロバート・アルドリッチ
アメリ
 
86:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ セルジオ・レオーネ
イタリアで活躍したレオーネがアメリカ・イタリア合作で撮った作品
 
86:陽は昇る マルセル・カルネ
フランス。
プレヴェールとのコンビ作の一つ
 
86:忘れじの面影 マックス・オフュルス
アメリカに亡命したオフュルスがオーストリアへの思いを込めた作品
 
86:ローラ ジャック・ドゥミ
フランス・イタリア合作
 
86:マンハッタン ウディ・アレン
アメリカ。
作品によって評価が分かれる作家の一人
 
86:マルホランド・ドライブ デヴィッド・リンチ
アメリカ。
評価する人としない人に分かれる作家の一人
 
86:モード家の一夜 エリック・ロメール
フランス。
ヌーヴェルヴァーグを代表する作家の一人
 
86:夜と霧 アラン・レネ
フランス。助監督としてクリス・マルケルも参加
 
86:黄金狂時代 チャールズ・チャップリン
アメリ
 
86:暗黒街の顔役(スカーフェイス) ハワード・ホークス
アメリ
 
86:自転車泥棒 ヴィットリオ・デ・シーカ
イタリア
 
86:ナポレオン アベル・ガンス
フランス

●史上最高の映画監督50人(50 meilleurs réalisateurs selon les cahiers du cinema)

 
20:カール・テオドア・ドライヤー
 
 
36:D.W.グリフィス